「Spreadsheets」に「SUM」関数を埋め込んで合計を計算させる。

合計関数「SUM」

関数「SUM」で、合計を表示させてみる

関数「SUM」は、複数セル値の合計を計算し、結果を表示してくれる関数です。

例えば図のように、セルA1~セルA10の合計を求める方法として、

【関数を使わない場合(E1)】
=A1+A2+A3+A4+A5+A6+A7+A8+A9+A10
【関数SUMを使った場合(E2)】
=SUM(A1:A10)

と、このようにすると求めることが出来ます。

しかし、計算するセルが10個ではなく、100個、1,000個となった場合、どうでしょう?

結論は言わずもがなです。

合計は連続していれば良いので、列方向だけでなく、行方向はもちろん、上図のように範囲指定(A1:B10)も可能です。

また、上図のように範囲(A1:A10)と範囲(B1:B10)の合計のように、複数の範囲の合計を求めることも可能です。

関数「SUM」はよく使う関数で、使い方も簡単なので関数の使い方に慣れるには最適だと思います。

いろいろな箇所で使ってみてください。

スポンサーリンク【楽天】
スポンサーリンク【Amazon】

フォローする