Xdomainのローカルテスト環境を作成する【wordpressファイル】

スポンサーリンク

Xdomainのローカルテスト環境を作成する

設定する内容

ここでは、レンタルサーバー(Xdomain)のwordpress環境をパソコン内(ローカル)に作成し、テストが出来るようにします。



作成したテスト環境は、新しいプラグインをインストールする際に一旦テストしてから本番環境にインストールしたり、新しい記事を書く際の下書きの環境としても使えます。




構築する環境と必要なツール

wordpressを動作させる為に、「XAMPP」を使います。



設定ファイルなどの編集に「サクラエディタ」を使います。



wordpressの環境をダウンロードするため、「FileZilla」を使用します。



wordpressは「D:\wordpress」に作成します。




wordpressのダウンロード

XdomainのFTP設定

Xdomainの管理画面の「設定」をクリックします。





「FTPアカウント設定」をクリックします。





ここで表示される「① FTPホスト名」「② FTPアカウント名」は後で必要な項目ですので必ず控えておいてください。

「設定変更」をクリックします。





「③ FTPパスワード」を入力。

「利用設定」「有効」

「全てのファイル・フォルダにアクセスする」にチェックをして

「設定変更(確認)」をクリックします。





内容を確認して、「設定変更(確定)」をクリックします。






「D:\wordpress」フォルダーの作成

「メニュー」-「コンピューター」をクリックします。





「ローカルディスク(D:)」をクリックします。





右クリックの「新規作成」-「フォルダー」をクリックします。





「wordpress」フォルダーを作成します。






「FileZilla」の設定

XdomainサーバーからFTPソフトの「FileZilla」でダウンロードします。

「FileZilla」を起動して、「ファイル」-「サイトマネージャ」をクリックします。





「新しいサイト」をクリックします。





任意のわかりやすい名前を付けます。





以下の項目を入力します。
  • ホスト    「① FTPホスト名」
  • ログオンの種類「通常」
  • ユーザー   「② FTPアカウント名」
  • パスワード  「③ FTPパスワード」




「詳細」タブをクリックして、「参照」をクリックします。





「D:\wordpress」を選択して「フォルダーの選択」をクリックします。





「規定のローカルディレクトリ」が設定されたら、「接続」をクリックします。






wordpressのダウンロード

左ペイン(ローカル)は空欄で、右ペイン(リモート)にwordpressのファイル一覧が表示されます。





右ペインのどれかをクリックして、「Ctrl+A」で全選択します。





右クリックして、「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが始まります。





画面上のアイコンをクリックするか、「サーバ」-「切断」をクリックします。







サーバと切断されると右ペインのリモートが空欄になります。

これで、ダウンロードは完了です。



※FTPをこれ以降利用しない場合は、Xdomainサーバの管理画面でFTPの接続設定を「無効」にすることをお勧めします。





スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク