XAMPP(5.6.15)のインストール

スポンサーリンク

XAMPP(5.6.15)のインストール

環境について

XAMPPの設定ファイルには、文字コードが「UTF-8」でなければならないものがあります。Windows標準の「メモ帳」は「UTF-8」には対応していない為、「UTF-8」に対応したエディタなどが必要になります。



ここでは、予め「サクラエディタ」がインストールされている事を前提としています。




XAMPPのインストール先は、「D:\xampp5」にインストールします。

デフォルトは、「C:\xampp」です。




XAMPP(5.6.15)のダウンロード

以下のサイトからダウンロードします。
03Download XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends




デスクトップに保存します。





デスクトップにアイコンが出来ればダウンロード終了です。






XAMPP(5.6.15)のインストール

デスクトップに保存したアイコンをダブルクリックします。





ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。





UACの重要事項が表示されます。「OK」をクリックします。





開始画面が表示されたら「Next」をクリックします。





モジュールの選択画面が表示されます。「Next」をクリックします。





インストール先の指定が表示されます。今回は「D:\xampp5」に変更して「Next」をクリックします。





「Next」をクリックします。





「Next」をクリックします。





セキュリティの警告(Apache)が表示されます。

「プライベート」にチェック、「パブリック」のチェックを外して「アクセスを許可する」をクリックします。





続けて「コントロールパネル」を開く場合は、チェックをつけたまま「Finish」をクリックします。





セキュリティの警告(mysqld)が表示されます。

「プライベート」にチェック、「パブリック」のチェックを外して「アクセスを許可する」をクリックします。






XAMPP(5.6.15)の設定

「スタート」-「すべてのプログラム」-「XAMPP」-「XAMPP Control Panel」をクリックします。

※インストールから継続した場合、コントロールパネルが自動起動しますのでこの画面は飛ばしてください。




Configの設定

「Config」をクリックします。





「Editor」のフォルダアイコンをクリックします。





エディタに「サクラエディタ」を設定します。




MySQLの「root」ユーザーのパスワード設定

「Shell」をクリックします。





「mysqladmin -u root password」と入力します。

パスワードを2回入力します。





「D:\xampp5\phpMyAdmin\config.inc.php」をサクラエディタで開きます。





「パスワード」に設定したパスワードを記述して保存します。





以上で設定終了です。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク