サクラエディタに正規表現、Diffを追加する(32bit、64bit共通)

スポンサーリンク

サクラエディタに、正規表現・DIFFを追加する

サクラエディタの「インストールパッケージ」には、正規表現モジュールが同包されています。

しかし、ZIP版(32bit,64bit)には含まれていません。



また、DIFFモジュールは、どれにも同包されていません。



今回は、「正規表現」と「DIFF」モジュールのインストール方法を解説します。




正規表現モジュール

正規表現

最初に、正規表現の機能を追加します。

なお、インストールパッケージでインストールされた場合は、最初からインストールされていますので必要ありません。



サクラエディタのZIP版をインストールされた方が対象となります。


正規表現のインストールモジュールとバージョンの確認

正規表現モジュールは、サクラエディタ本体とは別で開発されていますので、いくつかの異なるモジュールが存在するようです。

まずは、確認してみます。



インストールしたフォルダの中身を確認しても良いのですが、サクラエディタから確認出来ますので、そちらから行います。



サクラエディタを起動して、「検索」-「検索」をクリックします。





下図の赤枠の中が、インストールされているモジュール名やバージョン情報です。





インストールされていない場合は、下図のように何も表示されません。





今回は、インストールパッケージに含まれているものと同じ「bregonig.dll」をインストールする方法を解説します。






正規表現、ダウンロードとインストール

以下のサイトがトップページです。



以下のリンクで、ダウンロードページが開きます。
03Download 正規表現ライブラリ bregonig.dll


最新のバージョンをダウンロードしました。





「ダウンロード」フォルダにダウンロードします。





「ダウンロード」フォルダにダウンロードしたファイルをダブルクリックします。





下図のファイルが表示されます。

32bit ZIP版をインストールしている人は、ここの緑の枠にある「bregonig.dll」をコピーしてください。

64bit ZIP版をインストールしている人は、「x64」フォルダをダブルクリックします。





64bit版の「bregonig.dll」を右クリックの「コピー」をクリックします。





サクラエディタをインストールしているフォルダに貼り付けます。

これで、正規表現が動作するようになります。





念のため、「検索」-「検索」をクリックします。





正規表現モジュールの名前とバージョンが表示されている事を確認します。








DIFFモジュール

DIFF

DIFFモジュールは、インストールパッケージ、ZIPパッケージのいずれにも同包されていません。

ここでは、DIFFモジュールをインストールして、DIFF(差分表示)が実行出来るようにします。



DIFFモジュールは、32bit版です。

しかし、サクラエディタの64bit版でも動作するようです。




DIFFモジュールの確認

サクラエディタを起動し、「検索」-「DIFF 差分表示」をクリックします。





比較対象ファイルを選択して「OK」をクリックします。





下図のようなエラーメッセージが表示されたら、DIFFモジュールがインストールされていません。






DIFF、ダウンロードとインストール

以下のサイトにアクセスします。




画面を下にスクロールすると下図の部分が表示されますので、赤枠の部分をクリックします。





下図が表示されたら、一番下の「patch-diff-w32.zip」をクリックします。





「ダウンロード」フォルダにダウンロードします。





ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。





「diff.exe」「patch.exe」を選択して、右クリックの「コピー」をクリックします。





サクラエディタのインストールフォルダに貼り付ければインストール終了です。







実際に「DIFF」を実行した結果です。

行番号が
  • 緑:変更のあった行
  • オレンジ:行の削除があった行
  • 青:行の追加があった行
となります。







スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク