サクラエディタのインストール(64ビット版)

最初に・・・

【注意事項】

ここでは、現在正規リリースされていないベータ版64ビットバージョンのZIPファイルを解凍してインストールする手順を紹介しています。

2016/12/25 Windows10での動作確認しました。

2017/01/17 改版で読みにくくなったので、整理しました。

「サクラエディタ(64ビット版)にキーワード設定ファイルを追加する方法」
を記事にしました。以下を参照してみてください。

サクラエディタ(64ビット版)にキーワード設定ファイルを追加する サクラエディタの「インストールパッケージ」には、キーワード設定ファイルが...

「サクラエディタに正規表現、Diffを追加する(32bit、64bit共通)」
を記事にしました。以下を参照してみてください。

サクラエディタに、正規表現・DIFFを追加する サクラエディタの「インストールパッケージ」には、正規表現モジュールが同包されています。 ...

【注意】

ここでは、ZIPを解凍してインストールする方法を解説していますが、

「D:\Programs」

フォルダ配下にフォルダを作成しインストールする手順で解説しております。

別途、フォルダを作成されて読み進めてください。

フォルダは、上記フォルダを参考にご自身で便利な物を作成してください。

2016/12/25 修正

『「デスクトップ」でも構いません。』について

海外のソフトなどで、2バイト文字(日本語)を含むフォルダ配下にプログラムをインストールすると、正常に動作しないものが今でも多々散見されます。

「デスクトップ」は、「ユーザー名」を含むため、「ユーザー名」に2バイト文字(日本語)を使用すると、気付かずに2バイト文字を含むフォルダ配下になってしまい正常に動作しない場合があります。

色々なソフトをインストールする際、このフォルダで一括管理をする事を考慮すると、「デスクトップ」はふさわしくないと判断したため、「デスクトップ」は使用しないことにしました。

上記のように、Dドライブに任意のフォルダを作成するか、Dドライブが存在しない場合は、Cドライブに任意のフォルダを作成してください。

例)「C:\Programs」など

サクラエディタのダウンロード

サクラエディタは、オープンソースになったようです。

SourceForgeで管理されているようです。

SourceForgeのサイト

01Download

02Download

OSDNのサイト

個人的にSourceForgeのサイトが好きではないのでこちらからダウンロードしました。

ただ、実際にダウンロードするのは、SourceForgeからのようですが・・・(汗

【2017/01/17 追記】

サクラエディタ 64bit 版のダウンロードが出来なくなっておりました。以下からダウンロード出来ます。

※最新の 32bit 版はこちらからダウンロード出来ますので、こちらのリンクも残しておきます。

03Download ダウンロードサイト:OSDNのサイト

03Download

少し下にスクロールするとダウンロードの一覧が表示されます。

04Download

ダウンロード

今回、x64版のzipがありましたのでそれをダウンロードする事にしました。

※zipを解凍して実行させるようにします。よくわからない人は、一番下の「sakura_install2-2-0-1.exe」をダウンロードしてインストールすれば、簡単に使えるようになります。

05Download

デスクトップに保存します。

06Download

デスクトップにアイコンが作成されました。

07Download

サクラエディタのインストール

zip書庫の解凍

デスクトップに保存したzipをダブルクリックします。

01Install

プログラムが保存されているフォルダが表示されます。

02Install

右クリックのポップアップメニューから「コピー」を選択します。

03Install

プログラムをコピー

「D:\Programs」に移動して、右クリックの「貼り付け」を選択します。

04Install

ファイルがコピーされたら、ダブルクリックします。

05Install

サクラエディタの本体のプログラムが表示されます。

06Install

スタートメニューへの追加

右クリックのポップアップメニューから「スタートメニューに表示する」を選択します。

07Install

「スタート」をクリックすると「サクラエディタ」が追加されています。

起動する場合は、これをクリックすれば起動します。

08Install

Windows10対応について

こちらの記事は、Windows7でのインストール方法を解説しています。

この度、Windows10での動作を検証しました。

上記方法は、ほぼWindows10でも同等の操作でインストール可能です。

しいて言えば、「スタートメニューへの追加」が

「スタートメニューに表示する」から、

「スタート画面にピン留めする」に変更されています。

また、青枠の「タスクバーにピン留めする」を選ぶと、画面下のタスクバーにショートカットが作成されます。

但し、「サクラエディタ」で新規ファイルを作成するより、既存のファイルの修正が圧倒的に作業数が多いと思っています。

以下の、「Windowsの「送る」(SendTo)を有効活用する」を利用される事をお勧めします。

Windowsの「送る」(SendTo)を有効活用する Windowsの関連付け 「拡張子によるプログラムの関連付け」 Windows...
スポンサーリンク【楽天】
スポンサーリンク【Amazon】

フォローする