Xdomainのローカルテスト環境を作成する【データベース】

スポンサーリンク

Xdomainのローカルテスト環境を作成する

Xdomainからデータベースのバックアップを作成

Xdomainの管理画面から、「設定」をクリックします。





「データベースのバックアップ」をクリックします。





「圧縮なし(SQLファイル)」を選択したまま、「エクスポート実行」をクリックします。





一旦デスクトップに保存します。






データベースの作成

「XAMPP」を起動し、「MySQL」と「Apache」を起動します。





「D:\wordpress」の「wp-config.php」をサクラエディタで開きます。





「DB_NAME」にある「[1]データベース名」を控えます。





「XAMPP」の「MySQL」にある「Admin」をクリックします。





「phpMyAdmin」が起動したら、「データベース」をクリックします。




「データベースを作成する」に「[1]データベース名」を入力して、「作成」をクリックします。






データベース用アカウントの作成

データベースが作成されたら、「特権」をクリックします。





「Add user account」をクリックします。





再度、サクラエディタで開いた「wp-config.php」の

「DB_USER」にある「[2]ユーザー名」

「DB_PASSWORD」にある「[3]パスワード」を控えます。





「User name」に「[2]ユーザー名」

「Host name」を「localhost」

「パスワード」と「Re-type」に「[3]パスワード」を設定します。





画面をスクロールして、一番下の右側にある「実行」をクリックします。





「新しいユーザを追加しました。」とメッセージが表示されればOKです。






データベースのインポート

デスクトップに保存したSQLファイルを右クリックして「切り取り」をクリックします。





「XAMPP」をインストールしたフォルダに移動して、右クリックの「貼り付け」をクリックします。





SQLファイルが作成されればOKです。





「XAMPP」のコントロールパネルにある「Shell」をクリックします。





「mysql -uroot -p[パスワード] [1]データベース名 < [SQLファイル]」を入力します。

※パスワードは「root」ユーザーのパスワードです。





データベースの登録に成功したら、「exit」で終了します。





データベースの登録が終了したら「XAMPP」に貼り付けた「SQLファイル」を削除します。右クリックの「削除」をクリックします。





ファイル一覧から、「SQLファイル」が無くなればOKです。






補足

データベースやユーザーの作成もMySQLのコマンドラインから作成可能ですが、敷居が高くなるので「phpMyAdmin」で作成しました。



データベースのインポートは、「phpMyAdmin」からも実行出来ますが制約がある為、敢えてMySQLのコマンドラインからの実行方法を解説しました。





データベースの取り込みに、「root」ユーザーを使用しましたが、登録した「[2]ユーザー名」と「[3]パスワード」でも可能です。

その場合、

となります。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク