WordPress管理画面のSSL化(FireFox編)

スポンサーリンク

wordpress管理画面のSSL化(FireFox編)

FireFoxのエラー解除

Xdomainのwordpress管理画面をSSL化すると残念ながらエラーが発生します。

詳しくは、以下を参照してください。




ここでは、FireFoxがエラーになった場合の対処方法を解説します。



下図がエラー画面です。

「危険性を理解した上で接続するには」をクリックします。

01FireFox



「例外を追加」をクリックします。
02FireFox



「セキュリティー例外を承認」をクリックします。
03FireFox

以上で接続出来るようになります。




証明書を無効にして元の状態に戻す

画面左上の「みどりのキーマーク」をクリックします。
04FireFox



下図のように表示されますので、右側の「>」をクリックします。
05FireFox



「詳細を表示」をクリックします。
06FireFox



「証明書を表示」をクリックします。
07FireFox



「一般名称」に「*.wp.xdomain.ne.jp」が表示されているのを確認します。
08FireFox



「詳細」タブをクリックし、赤枠で囲った階層名を控えておいてください。

(SecureCore RSA DV CA)
09FireFox



ブラウザの左上の「三」をクリックし、「オプション」をクリックします。
10FireFox



「オプション」画面の「詳細」をクリックします。
11FireFox



「証明書を表示」をクリックします。
12FireFox



「サーバ証明書」タブをクリックします。
13FireFox



下にスクロールして、先ほど控えておいた階層名を探します。

(SecureCore RSA DV CA)

また、発行対象が「*.wp.xdomain.ne.jp」である事を確認します。

「削除」をクリックします。
14FireFox



「*.wp.xdomain.ne.jp」が表示されている事を確認して「OK」をクリックします。
15FireFox



再度、wordpressの管理画面にアクセスするとエラー画面に戻ります。
16FireFox

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク