フリーのFTPソフトを独断と偏見で比較してみた

スポンサーリンク

フリーのFTPソフトを独断と偏見で比較してみた

フリーのFTPソフトを比較してみた

長年使用してきたFTPソフトに見切りをつけました。

そこで、色々なFTPソフトを試してみたのでその結果を掲載する事にしました。



かなり独断と偏見で選んでいますので、あくまでも参考程度にしていただければと思います。




検証したFTPソフト

FileZilla



転送速度が圧倒的に早く、とても安定しています。

デフォルトで色々表示されているので、画面がごちゃごちゃした感じで難しく感じます。

しかし、不要なものを非表示にすればスッキリとしてわかりやすくなります。

オープンソースなので、安心して利用でき長く使える可能性が高い。




FTP Rush



「Wing FTP Server」と言う有料版のFTPソフトを開発しているメーカーの無料版。

有料版を作成しているだけに、速度も早く、動作も安定している。

日本語対応しているが、ログ画面がフォントを変更しないと文字化けした状態になるなどの微調整が必要。

企業の無料版は、配布停止やアドウェアの埋め込みなど長期的に使用する場合に不安がある。

元々シェアウェアだったのが無料になったが、いつどうなるか不安。




FFFTP



操作がわかりやすく簡単なのが一番の売り。

転送速度はあまり早くない。

フリーソフトの頃は安定していたが、オープンソースになって不安定になっている。

今回のテストでも、大量のファイルをダウンロードすると途中で終了してしまった。




WinSCP



そこそこ使いやすいがFFFTPほどでは無い。

転送速度はFFFTPとあまり変わらないので、これを使うメリットが浮かばない。




Cyberduck



macでは有名なソフトとの事で期待をして比較テストに入れた。

WebDAV対応との事もあり速度は全然出ない。

操作に「OK」ボタンが無く、「変更=即反映」はWinユーザーには使いにくい。

また、ファイルとフォルダが全て名前順で表示されるのも違和感を覚える。

画面もサーバー側のみで、別途エクスプローラーなどからドラッグ&ドロップするなどしての使い方も違和感がある。




CrossFTP



javaで作成されていると言うことで速度は期待していなかったが、その通りだった。

このソフトのインストールよりも、javaの環境作りに時間がかかった。

プログラム自体の起動に時間がかかることもあり、使うメリットが何も浮かばない。






検証から外したFTPソフト

ALFTP

ALToolsシリーズのFTPソフト。

以前、ALZipと言う圧縮・解凍ソフトを使っていたが有料版になったので使用しなくなった。

現在は無料だが、ALZip同様、いつ有料版になるかわからないので長い目で見ると使わないほうが良いと思い検証から外した。




Classic FTP

企業が作っているFTPソフトで、「非営利目的」でのみ無料で使用出来る。

「FTP Rush」の方が機能が上だと思うので、検証対象から外した。




CarotDAV

簡易のFTPソフトとの事だが、名前にもあるようにWebDAV対応している。

WebDAV対応ソフトはFTPの機能も含むが、ほとんどの場合速度が出ない。

WebDAVを利用する人は検討の価値があるかもしれないが、WebDAV対応では「Cyberdack」を検証するので外した。




FireFTP

FirefoxのADD-ONSです。

ネイティブなソフトでは無いので速度が出ないのは明白なので外しました。

使い勝手が良ければFirefoxユーザーには便利かもしれません。






まとめ

フリーのFTPソフトを検証してみて

まだまだ、フリーのFTPソフトはあると思うがFTP転送だけに絞れば、
  • 実力では、「FTP Rush」
  • 操作性では、「FFFTP」
  • 速度と安定性の「FileZilla」
といった感じです。

個人的には「FileZilla」を使っていこうと思っています。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク