【Atom】GitHubが開発した、フリーの本格エディタ

スポンサーリンク

「Atom」フリーの高機能エディタについて

最初に

「Atom」は、GitHubが開発したフリーのテキストエディタです。



私は、普段「サクラエディタ」を利用しています。

にも関わらず、今回「Atom」を紹介します。



「サクラエディタ」は、軽量ながら豊富な機能を備えたエディタですが、ガッツリとプログラムをコーディングするには力不足です。

中でも、「Atom」との圧倒的な力不足を感じるのがメソッドなどの「自動補完」機能です。



さらに、「HTML/XML」などの「閉じタグ」を持つものでは、その違いは歴然となります。



これから、プログラムの開発を始めようと思っている人や、既に始めている人で「サクラエディタ」を使っている人は、是非「Atom」を試してみてください。




「Atom」のインストール

「Atom」のダウンロード

「Atom」は以下のサイトからダウンロード出来ます。
03Download 「Atom」テキストエディタ


画面中央にある、「DownloadWindowsInstaller」をクリックします。





「ダウンロード」フォルダに、ダウンロードします。






「Atom」のインストール

「ダウンロード」フォルダにダウンロードしたインストールパッケージをダブルクリックします。





インストール中です。暫く時間がかかります。





インストールが終了すると、「Atom」が起動します。






「Atom」の日本語化

そのままでは英語なので、日本語化を行います。

「File」-「Settings」をクリックします。





「install」をクリックします。





インストールするパッケージは「Japanese-menu」なのですが、始めてインストールする場合、「Japanese」だけで検索すると、どのようなパッケージがあるか参考になると思います。

※日本語化だけなら、直接「Japanese-menu」で検索してください。





下図の赤枠のパッケージが、日本語化してくれるパッケージです。





「Install」をクリックします。





「アンインストール」と「停止」に変わったら、インストール完了です。





「メニュー」が日本語化されているのがわかります。





ちなみにわかりにくいですが、下図の状態で2つの画面が左右に開いています。

左が「ウェルカム」画面で、右が「ガイド」画面です。

画面は「タブ」形式で赤枠の部分がタブになっています。「×」をクリックすると閉じます。










「Atom」でHTMLを作成してみる

空のHTMLファイルを作成する

エクスプローラーの右クリックにある「新規作成」から「テキストドキュメント」をクリックします。





ファイル名を「test」、拡張子を「html」に変更します。





拡張子を変更する場合、下図のようなメッセージが表示されますが「はい」をクリックします。





空の「test.heml」が作成されます。





ファイルを右クリックして、「Open with Atom」をクリックします。





「Atom」が起動します。





「ht」と入力すると、下図のように「html」が自動補完で表示されますので、「エンターキー」か「タブキー」で決定します。





すると、下図のように「html」から「head」「body」などの必要なタグが自動補完されます。





「title」タグにカーソルが入るので、適当にタイトルを入力します。





続けて「body」タグ内に、「table」タグを入力していきます。

「t」と入力すると、「t」で始まるタグが自動補完の候補として一覧が表示されます。





「ta」まで入力すると、「table」が先頭候補になりますので、「エンター」か「タブ」で決定します。





当然、「</table>」の閉じタグも自動で入力されますし、インデントなども行われます。





続けて「tbody」の「tb」で決定します。





「tbody」タグが入力されます。同様に、<tr><td>なども簡単に入力出来ます。





下図のように、<table>タグが上下に2段ある場合ですが、場合によっては邪魔になる場合があります。







下の段の「table」を編集している際に、上の段の行番号の横にカーソルを移動させると「▼」マークが表示されるのでクリックします。





すると、下図のように上段の<table>タグが閉じられます。





このように、入力中以外のタブを閉じる事で表示が簡素化され楽になります。





この程度のコーディングであれば、30秒もあれば完了するでしょう。






まとめ

使い分けがオススメ

普段利用するのには、軽くて機能豊富な「サクラエディタ」が便利ですが、上記で説明したように、ガッツリとプログラムをコーディングしていく場合は、圧倒的に「Atom」が便利です。



また、開発元が「GitHub」と言うこともあって「プロジェクト」単位でのソースの管理機能なども備えており、複数のプログラムをまとめて管理する事も可能です。



プログラム開発などを考えている人は、「サクラエディタ」と「Atom」をTPOに合わせて使い分けてるのが良いと思います。




オススメ書籍

プログラム初心者向けの方は、親切丁寧な解説のこちらの書籍がオススメです。





Macの方は、こちらがオススメです。





スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク